第1位 ヒューマンワーク

  • リクナビに求人広告を掲載するならヒューマンワーク

  • リクナビ掲載申し込み受付のヒューマンワーク

  • 求人広告の掲載には多数の実績があり信用度も抜群です

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

ヒューマンワークに対するみんなの口コミ

ヒューマンワークは会員数60万人で多くの人が利用しています。問い合わせも24時間365日対応してくれるので大変便利です。...
ヒューマンワークは相談窓口が24時間対応しているので空き時間を利用して相談することが出来て大変便利です。無料で問い合わせ...
リクナビ掲載申し込みを行っているヒューマンワークは、企業が最も知りたい費用、掲載期間をはっきりと表示しています。リクナビ...

企業からも学生からも信頼されています

ヒューマンワークはリクナビの求人広告を取り扱っており、求人掲載数も多数の実績があります。学生にも人気です。

第2位 相互広告

  • リクナビ求人広告は老舗の相互広告で申し込み

  • 相互広告の認知度や信頼性度はとても高いです

  • 求人広告の事なら相互広告社におまかせ安心

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

相互広告に対するみんなの口コミ

創業50年の実績の相互広告会社になっており、転職希望者の多くが利用しているので安心して利用することが出来ます。会員数も3...
会員数は約300万人を数え、人材募集広告の圧倒的な実績を誇り、「リクナビNEXT」で御馴染みの創業50年の老舗「相互広告...
株式会社相互広告社は、タウンワークやリクナビなどの様々な求人媒体を扱っている求人広告の会社です。ですので、ここに依頼する...

圧倒的支持のある求人サイトへ掲載するなら相互広告

相互広告はリクナビへの求人情報の掲載を取り扱っています。アクセス数も利用者数も多いリクナビですので、求人情報掲載のメリットが沢山あります。

第3位 CiN求人

  • 求人広告を出すならここの会社がおすすめです

  • ニーズに合わせた求人広告で採用者を確保できる

  • 社員を増やしたい、アルバイトを増やしたいならここ

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

CiN求人に対するみんなの口コミ

求人広告代理店のCiN求人はアルバイトをはじめ新卒・中途求人などの幅広い求人情報を掲載しており、自分の希望している求人を...
時代時代に合った人材を確保するのは、とても難しいことではないでしょうか。正社員はもちろんですが、アルバイトやパートまで、...
CiN求人はアルバイトから新卒、そしてハイエンドなキャリア採用まで対応しています。メガサイトから地域密着のタウン誌、専門...

業界で採用率の高いCiNへ求人依頼をしてみませんか

CiN求人はリクナビに掲載している業界で採用率の高さを誇りにしています。それぞれの人材にあった仕事をご紹介いたします。

第4位 クイック

効果 価格・保証
満足度 規模・実績
口コミ

リクナビ掲載への窓口をお探しの方へ

リクナビへ掲載するための窓口をお探しであればクイックがオススメです。広告、原稿の作成より、公開後の結果の分析までお願いすることが出来ます。

第5位 リクルーティングサービス

効果 価格・保証
満足度 規模・実績
口コミ

リクルーティングサービスの便利なリクナビ

リクルーティングサービスは、圧倒的な応募数と掲載社数で転職希望者と求人企業のベストマッチングを提供するリクナビが人気です。

リクナビのユーザー層

thumbnail01リクナビは転職と求人を求める転職サイトで、リクルートグループの一つです。転職を希望する人は無料会員登録して希望に合った職種を選択できるサービスです。登録者は自分の職務経歴や転職希望条件などを匿名で登録しておくことが出来ます。求人側は希望する人材をリクナビNEXTなどに申し込むと、無料登録会員にその企業を紹介するシステムで、つまり求人企業や転職エージェントのオファーが登録会員に伝えられます。

求人側の応募年齢の上限は20代後半から50歳までがほとんどで、30歳まで、35歳まで、40歳までという募集文言が突出しています。一方、登録会員のユーザー層は、多いのが30~34歳の25%、次が35~39歳の21%、続いて25~29歳が17%で40~44歳は15%となっています。しかし45歳以上が17%もいますが、求人は40歳を超えると少なくなり、50歳を超えるとほとんどなくなります。40歳を超えると転職のハードルは高いと言えるでしょう。

求人側の掲載は有料で、料金は通常企画での掲載で18万円から可能ですが、年間回数券や多種長期プランなどで、何度か行う場合や長期間募集する場合は、髙いものだと180万円くらい必要となっています。求人側は40歳以下の特に技術系の人材を欲しがっている傾向が見られます。需要と供給の関連で、人材が不足している職種に求人が集まってしまいます。

総応募数と週刊応募数

thumbnail02リクナビは就職活動を行う上では最大規模の就活サイトとなります。就職活動を行う学生で左記を使わない学生は基本的に見つからないでしょう。使用すると中堅規模以上の会社の場合、1000人を超えるエントリーを集めることもあります。また週刊応募数は100人近くになることもあるでしょう。掲載料金に関していえば、他の就職サイトが複数ありますが、最も料金は高い部類にはいります。しかしながらサイトを使わないとなるとなかなか有名大学の学生を採用するのは難しくなってきます。

リクルートが作った媒体であり、現在の就活の舞台を作り上げたのがリクナビであるといっても過言ではないくらいに知名度があります。有名大学の学生はまずリクナビに登録してから就職活動の面接を受ける準備を始めます。そしてエントリーシートをここでダウンロードしてから書き上げて企業へ持参します。またここで落としたい学生は落とせるので、企業の手間も省けます。

学生の総応募数を増やしていきたい場合は費用はかかりますが、やはり選択をする必要が出てきます。複数のサイトを組み合わせるための窓口としてこのサイトを使うということも常套手段なので、とにもかくにも人をたくさんとりたい、会社の知名度を上げたいときには、登録して採用活動を行うことをおススメいたします。

応募者の8割がリクナビを見ている

thumbnail03リクナビは転職など求人探しに大変役立てることが出来るサイトです。応募者の8割がリクナビを利用しており、多くの人が見ているサイトになっています。求人数も豊富で、簡単に登録することが出来るので、利用価値あるサイトになっています。掲載広告数も豊富なので、様々な職種の中から自分にぴったりの求人を見つける事が出来ます。

転職施行実績数も30万人突破し、多くの人達がより良い転職につなげています。新着情報も毎週更新されているので、気になる情報をいち早くチェックすることが出来ます。知名度が大変高いので、利用する転職、就職希望者、企業が多く、独自の求人などもあり安心して利用することが出来ます。

新着求人アラーややキーワード検索など便利な機能も豊富にあるので大変利用しやすくなっています。また、スカウトサービスも充実しているので、利用すれば損がないサイトになっています。その他、転職に役立てる事が情報なども入手することが出来るので、大変有利に転職や就職を進めることが出来ます。また、転職支援サービスも充実しており、専任のキャリアアドバイザーがしっかりサポートしてくれるので、相談をしたり安心して利用することが出来ます。

ネット求人とフリーペーパー求人の関係性

thumbnail04リクナビと言えば、ネット求人における代表的サイトです。転職と言ったら、このサイトを見て決めると考える方々が多いそうです。今はスマートフォンからネットにアクセスが出来るため、いつでもどこでも情報を収集することが出来ると言う観点から見れば、ネット上のサイトと言うのは便利ですよね。そして、ひと昔前とは違い、企業へのアプローチにもいろいろな方法があるため、求職者目線で見ると便利なものになることでしょう。

では人材を募集する側の、求人者から見た場合には、どのようなことが言えるのでしょうか。もちろん、ネット経由での募集を望まれる求人者もいらっしゃることでしょう。しかし、リクナビと同じくリクルートが発行する紙媒体のフリーペーパー求人の方を選択される求人者もいるのだそうです。ドライバーなどの募集や、中高年の方々をターゲットとする時には、ネットよりも紙媒体の方がアピール出来るからだと言うことです。なるほど、今はネットは万人が使うものと言えども、使わないと言う方々もいらっしゃるということですね。

では、ネットと紙媒体は別物と捉えるべきなのでしょうか。求職者、求人者双方にとって、業種や職種によって使い分けをするということになるため、求人と言う世界においては、関連性があると捉えて間違いないでしょう。探す求人により、双方共に見る物が違って来るわけですから、やはり関連しているということになるということです。

▲ ページトップへ