募集のミスマッチングを防ぐ方法
2016.12.20

subimg01求人を探している人が仕事を探すときにチェックするポイントに気をつけよう。仕事を探している人は、さまざまな求人情報を見ることが多いです。探す経験がある人はいいですが、多くの場合初めて探すことが多いかもしれません。社員を募集した側と、応募する側が困らないためにも、相手への情報提供に気をつけてください。応募者が気にするポイントに注意しながら求人を出すと、ミスマッチングを防ぐことができるでしょう。リクナビで求人を出すときは、応募者が知りたいことを重点的に扱うといいかもしれません。収入や年間休日数以外にも、会社側が求める人物像を書くといいでしょう。求める人物像を扱うときは、他の企業が使わない表現を使用してください。似たような言葉を使っていると、真剣さが伝わらないこともあるので気をつけてください。

募集を見た人に情報を明確に伝えることが大事です。企業側が欲しい人材と、実際に応募してくる人のギャップが大きいなら、情報提供が足りない可能性があるでしょう。ミスマッチングを防ぐ方法として、積極的に情報提供を行うものがあります。求人情報だけでは伝わらないこともあるので、求人以外での情報発信をするといいでしょう。応募者は会社のサイトを見ることが少なくないので、公式サイトがある場合はサイトを上手に活用して、欲しい人材にアピールしてください。企業側と応募者側のずれの多くは、情報量が不足していることで起こることが珍しくありません。もし、ミスマッチングが多いと感じるなら、求人情報等で扱っている情報の精度を見直すといいでしょう。文言を修正するだけでも、応募者の質が変わることは少なくありません。

チェックは何度も行うことで、見落としを防ぐことができます。どんなに丁寧に確認したつもりでも、一度のチェックでは見落としてしまうこともあるでしょう。複数回チェックすることで、チェック漏れを防ぐことができます。求人情報だけでは伝わらないこともあるので、応募者側との認識がずれていないか確認する場を増やしましょう。最初から認識のずれが起きると想定しておき、それに対処するつもりで行動してください。ずれが起きる前提で動く方が、注意深く応募者の見極めができます。求人で伝えた情報が正しく伝わっているか、企業側の求める人材であるかの最終確認を面接で行うようにしましょう。どんなに気をつけていても、ずれは発生してしまうと考えて募集するといいかもしれません。

▲ ページトップへ