興味を持ってもらえる確率を高める方法
2016.12.20

subimg03若手の社員がどんどんと少なくなってくる現状は、企業にとってはとても深刻な問題となっているはずです。とくに、人気の少ない業種にとっては若い新卒の人材の確保に真剣に取り組んでおり、さまざまなツールを活かしているでしょう。中でも人気の高いリクルートに関するツールはやはりインターネットを活用した方法です。企業を選ぶ側も、今ではこのインターネットを利用した就職先探しは当たり前の行動となっているでしょう。そのインターネットの中でもとくに人気の高いサイトがリクナビです。多くの学生などがこのサイトを活用しており、企業側もほとんどがサイトに登録しています。しかし、多くの企業がひしめき合っている中で、自分の企業に興味を持ってもらう確率を高めることは簡単なことではありません。興味を高める方法をしっかり考えて、上手にサイトを活用しなければ意味がありません。

ます、重要なことは正確な情報をできるだけ提供することです。興味をいだかせるために、過剰な表現を使うことは良くありません。情報社会の中で、もし過度な表現であることが知れ渡った場合は、とても大きな損害を被ることになります。ありのままの企業の内情を提供することで、選ぶ側の安心感を得ることができるでしょう。もし、それでもありのままの情報がデメリットが大きいと感じる場合は、まずは企業としての根本的なスタイルから見直してみることをお薦めします。そして、選ぶ側がとても気になる福利厚生などの情報は必ず掲載しておきましょう。とくに福利厚生に力を入れている企業は、とても大きなアピールポイントになるはずです。

そして、リクナビに掲載する内容の費用は惜しまないようにすることも大切です。とにかく選ぶ側が欲しがっているのは多くの情報になります。気になる内容が掲載されていない場合、電話などで確認を行うことはなかなかありません。掲載されていないと感じたときには、その企業のページから離れてしまうことが一般的です。少しでも長くその企業のページに留まってもらうには、情報の多さが一番だと考えるようにしましょう。また、先輩社員などの生の声もとても効果的です。どのような社員が働いているのかも、とくに新卒者は意識をしているポイントになります。掲載に不安を感じるようであれば、必ずリクナビに直接連絡をして確認を行うようにするべきです。成果を得るには時間がかかるかもしれませんが、時間をかけて完成させていくことも大切なことです。

▲ ページトップへ